◎18日前場の主要ヘッドライン

・AOKIHDが急落、自己株処分実施で株式需給悪化を嫌気
・パソナが続伸、ハノイに新拠点を開設
・富士フイルムが反発、為替円安などを好感して買い戻し
・村田製が続伸、増額含みで足の長い資金が物色
・明治HDが反発、機能性ヨーグルト好調で業績増額が濃厚
・兼松日産が上値追い加速、材料株人気素地に業績面の変化も
・フルキャストHDが続急騰、業績高変化背景に短期資金攻勢継続
・APLIXはストップ高、KDDIが「ビーコンモジュール」を採用
・ダイフクが9日続伸、「エリア管理システム」が生活支援ロボットの国際安全規格を取得
・三井住友など大手銀行株が高い、日銀の金融政策を先読み

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)