ツカモトが反発、低位株物色人気再燃の流れに乗る

 ツカモトコーポレーション<8025.T>が4日ぶり反発。きょうは低位に位置する材料株が買い人気を集めており、同社にも値ごろ感からの買いが集まった。和装の老舗で、14年3月期は減収減益が予想されているものの、最終利益段階では子会社株式売却に伴う特別利益の計上で従来見通しの4億円から5億円に増額修正している。それに先立ち13年3月期に3円復配を果たすなどファンダメンタルズ面からの評価材料もある。また、都内に高収益の不動産を保有するなど含み資産株の側面を持つ一方、PBRが0.6倍台と指標面からの見直し余地が低位の株価と相まって買い人気を誘発している。

ツカモトの株価は12時34分現在148円(△9円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)