◆18日の米株式市場の概況 NYダウ3日ぶり反落、経済統計低調を嫌気

 18日の米株式市場はNYダウが3日ぶりに反落し、前営業日比23.99ドル安の1万6130.40ドルとなり、ナスダック総合指数は同28.758ポイント高の4272.783と8日続伸で取引を終了した。2月のNY連銀製造業景気指数が市場予想を下回ったことに加えて、2月の全米住宅建設業協会(NAHB)住宅市場指数も市場予想を下回ったことから、米景気回復の勢いが鈍っているとの見方が強まり、製造業を中心に利益確定売りが強まった。一方で、ハイテク株の比率の大きいナスダック指数は、アップルやグーグルなど寄与度の高い銘柄の上昇が指数を押し上げた。なお、出来高概算は、ニューヨーク市場が7億2138万株、ナスダック市場が18億3944万株。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)