開拓シニア市場 未病に挑む・・・意外なシニア関連銘柄

日経新聞半歩先読み
開拓シニア市場 未病に挑む 日本経済新聞 企業1 11面

特集記事「開拓シニア市場 未病に挑む」で、様々な企業のシニア市場での取り組みが紹介されています。今回注目したのは、会員制でカラオケを使った様々な老化防止のプログラムを催す第一興商です。カラオケの利用人口の減少への対応策のようです。夜間中心の今までのカラオケに対して、シニア市場は昼間中心なので、施設を有効活用でき、売上の拡大が見込めそうです。

(7458) 第一興商 (東証JQスタンダード) 3,025円 前日比  +59 (+1.98%) [売買単位:100株]
3月株主優待 100株保有(投資金額約30万円強)で5,000円相当の優待が年2回貰えます。 

今日も皆様に相場の福が授かりますように!!

※本サイトで紹介する意見や予測は、筆者個人のものであり、所属する証券会社の意見や予測を表わすものではありません。また、紹介する個別銘柄の売買を勧誘・推奨するものではありません。投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。