<前場の注目銘柄>=加藤製作所、防災工事でクレーン好調

 加藤製作所<6390.T>は2月初旬に全体相場にツレ安したものの、その後の切り返し急。5日・25日移動平均線のゴールデンクロスを示現するなど、上値指向の強さがうかがえる。建設用クレーンが震災復興需要や、防災対策工事の恩恵で大幅な伸びを示している。また、国内だけでなく東南アジアも受注好調だ。

 中国向け油圧ショベルでも高い実績を擁するが、足もとの商戦が活況で同社の収益を押し上げている状況だ。

 今3月期営業利益は従来予想を上方修正し、前期比2.1倍の43億円を見込むが一段の増額の可能性も。直近、大和投信が同社の保有株割合を増加させており、機関投資家の買いニーズも顕在化している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)