ニチリンが急騰、今期営業利益13%増や優待制度を材料視

 ニチリン<5184.T>が急騰、一時前日比165円高の1175円まで買われている。同社は18日、株主優待制度を新設することを発表、これを好感している。毎年12月末の株主に対して、100株以上の保有でクオカード1000円分、1000株以上でクオカード2000円分、5000株以上でクオカード3000円分を贈呈する内容。
 同時に前13年12月期の通期業績を発表している。国内外ともに自動車生産の回復からブレーキホースが拡大、連結売上高445億2200万円(前々期比18.2%増)、営業利益35億1900万円(同3.0倍)を達成した。続く今期は470億円(前期比5.6%増)、営業利益40億円(同13.6%増)を見込む。年間配当も前期比4円増の20円と前期に続き増配を予定している。アジアでは、ニチリンタイランドの子会社化の効果も表われており、海外事業が今後も業績拡大に貢献しそうだ。

ニチリンの株価は10時57分現在1150円(△140円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)