片倉が続伸、低カリウム野菜の量産事業化を発表

 繊維事業が発祥で、現在は医薬品事業や不動産事業なども手掛けている片倉工業<3001.T>が続伸となっている。同社は18日に、農薬を使用していない安心・安全な低カリウム野菜を量産事業化すると発表した。
 同社は2011年12月に策定した中期経営計画で「多角化経営とシナジーの強化」を打ち出しており、今回の事業化もその一環。グループ会社のトーアエイヨーで医療用医薬品の製造・販売を手掛けていることもあり、人工透析などカリウム摂取制限のある人でも食べることができる低カリウム野菜の量産事業に参入することを決定した。
 事業化にあたり、低カリウムレタスの量産化に世界で初めて成功している会津富士加工(福島県会津若松市)とフランチャイズ契約を締結。14年夏ごろまでに、人工光による完全閉鎖型植物工場を建設し、同年秋ごろの出荷開始を予定している。

片倉は11時20分現在1106円(△24円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)