CMKが3日続伸、三菱UFJMSが投資判断を引き上げ

 日本CMK<6958.T>が3日続伸。この日は三菱UFJモルガン・スタンレー証券が18日付で投資判断を「アンダーパフォーム」から「ニュートラル」とし、目標株価を240円から260円に引き上げたことが観測されている。携帯電話やデジカメなど民生品における日系顧客の事業縮小に伴い、国内プリント配線板(PCB)の生産規模適正化に踏み切ることに注目。15年3月期以降の固定費削減効果は8億円(会社試算)としていることから、同証券では、15年3月期の営業利益予想を予想営業利益は8億円から10億円へ、16年3月期を同12億円から14億円へそれぞれ増額修正した。最近の株価下落に伴い割高感は解消されていることから、投資判断を引き上げている。

CMKの株価は11時24分現在264円(△13円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)