東燃ゼネが続伸、SMBC日興が目標株価を引き上げ

 東燃ゼネラル石油<5012.T>が続伸。この日はSMBC日興証券が投資判断「2」を継続しつつ、目標株価を1000円から1050円に引き上げたことが観測されている。13年12月期決算は、燃料油マージンの悪化から調整後営業利益ベースで減益決算となったが、14年12月期は石油製品マージンの回復で、会社予想の営業利益350億円を上回る386億円になると同証券では予想。15年12月期は、石化マージンの反落から従来予想の391億円から386億円に若干下方修正したが、新たに加えた16年12月期では、合理化の進捗からド396億円を見込んでいる。

東燃ゼネの株価は12時58分現在894円(△10円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)