戸上電が急反発、14年3月業績予想の上方修正を改めて評価の動き

 戸上電機製作所<6643.T>が急反発。新興株市場で好業績株への見直しが活発化していることを受けて、東証2部銘柄にもその流れが波及している。同社は、10日に14年3月期の連結業績見通しについて、売上高を従来予想の178億円から185億円(前期比6.9%増)へ、営業利益を同7億5000万円から13億円(同2.0倍)へ、純利益を同6億円から11億円(同2.2倍)へそれぞれ上方修正したことから、改めてこれが評価されているもよう。足もとで太陽光発電など新エネルギー関連の需要に加えて、公共投資や民間の設備投資の需要が増加し配電用自動開閉器が好調、また、電力会社向けの配電自動化用子局も新製品効果で売り上げが膨らんだとしている。修正後の一株利益から計算した前日終値のPERは7倍台と割安感が強く、割安是正の動きを強めている。

戸上電の株価は13時26分現在347円(△35円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)