<後場の注目銘柄>=安藤ハザマ、昨年来高値更新が視野

 安藤ハザマ<1719.T>の上値に期待したい。同社は昨年4月にハザマと安藤建設の合併で誕生しているが、継続企業のハザマは黒部ダムや瀬戸大橋、関西国際空港などビッグプロジェクトでそうそうたる実績を誇るだけに、20年の東京五輪にむけての首都圏インフラでも活躍期待が膨らむ。

 今3月期は高採算の土木中心に豊富な手持ち工事を消化、営業利益段階で前期比80%増の101億円を見込むなど絶好調。また、最終利益はのれん発生特益で前期比6.6倍の152億円まで伸びる見通しだ。さらに今期は前期の3円から5円へと連続増配見通しで、好業績は株主還元姿勢にも反映されている。当面、431円の昨年来高値更新が目標に。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)