アルテックなど3Dプリンター関連が軒並み高、米ストラタシスの新製品発売を材料視

 アルテック<9972.T>がストップ高したほか、パルステック工業<6894.T>や群栄化学工業<4229.T>が大幅高するなど3Dプリンター関連が軒並み高となっている。
 3Dプリンター世界大手の米ストラタシス社が、3種類の素材を組み合わせて造形できるカラー対応の新機種「オブジェット500コネックス3」を18日に日本で新発売したことから、関連銘柄への物色人気が一気に高まった。新機種は従来の「コネックス」シリーズに備えていたラバーライク素材や透明素材などに加えて、一度に46色カラーの不透明素材に対応したことが特徴。希望小売価格は5500万円と高価ながら、発売前から複数台の受注がすでにあるようで、日本における販売代理店を務めるアルテックをはじめとした関連銘柄には一気に関心が高まる格好となっている。

アルテックの株価は14時4分現在298円(△80円)
パルステックの株価は14時4分現在184円(△16円)
群栄化の株価は14時4分現在413円(△19円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)