ルネサスが反落、早期退職優遇制度発表も利益確定売り優勢に

 ルネサスエレクトロニクス<6723.T>が反落。きょう午後2時に早期退職優遇制度を実施すると発表したが、株価は4日につけた直近安値488円から前日高値664円まで約36%上昇しており、相場全体の地合い軟化に伴い利益確定売りが優勢になっている。事業構改革の一環として国内子会社の半導体製造事業の統合やグループ再編を進める計画で、拠点異動が難しい、あるいは施策に沿えない従業員の退職や再就職を支援することが目的。退職優遇制度実施による業績への影響は確定次第開示するとしている。

ルネサスの株価は14時33分現在622円(▼8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)