アイフルが3日続伸、日銀金融政策受け買い直される

 アイフル<8515.T>が3日続伸。ここ下値模索の展開が続いたが、足もと買い戻す動きが観測されている。前日まで開かれた日銀の金融政策決定会合では、追加緩和こそ見送られたものの、金融機関の貸出支援制度である「成長基盤強化」の本則の枠を7兆円に倍増させたほか、「貸出増加」でも金融機関に貸し出し増額分の2倍を貸し付ける政策を決めており、これが過剰流動性への思惑を呼び込んでいる。脱デフレを第一義とした政策方針が改めて確認されるなか、低金利環境の継続が、同社にも調達コスト低下メリットをもたらせる材料としてプラスに働いている。

アイフルの株価は14時41分現在357円(△14円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)