<前場の注目銘柄>=日油、足もと好調で増額の可能性

 日油<4403.T>は1月20日に昨年来高値777円をつけた後の調整局面にあったが、調整一巡感の台頭から再度高値を狙う動きが期待できる。

 5日発表の第3四半期累計(4~12月)連結業績は営業利益が前年同期比29%増となり、足もと好調が確認できた。中核の機能化学品事業が全体を牽引。脂肪酸誘導体の需要が底堅く推移したほか、界面活性剤、有機過酸化物、特殊防錆処理剤・防錆加工などがアジアで伸長。また、ライフサイエンス事業も食用加工油脂やDDS(薬物送達システム)医薬用製剤原料なども堅調だった。

 これを受けて14年3月期の12%営業増益は上振れる可能性が大。PER13倍台の時価水準は割安感が強い。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)