ガイアックスが軟調、13年12月期通期の5000万円営業赤字を嫌気

 ガイアックス<3775.NG>が小幅ながら反落。同社は19日、大引け後に前13年12月期通期業績を発表。連結売上高39億4000万円(前々期実績38億3000万円)、営業損益5000万円の赤字(同7600万円の赤字)と前々期に引き続き赤字となったことが嫌気されている。ソーシャルアプリサポートサービスが国内はもとより英語圏や韓国など海外でもサポート受託が拡大しているが、新サービスの開発投資や新卒採用などの投資負担が圧迫要因となっている。
 続く今期は売上高41億円、営業損益3000万円の黒字~1億3000万円の黒字を見込んでいる。新規投資を積極的に行いつつも、販売管理費などのコストの低減を推進し、利益体質の改善を行なう方針。

ガイアックスの株価は10時26分現在555円(▼15円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)