外為サマリー:1ドル102円20銭前後の円安、1月貿易収支は予想超える赤字に

 20日の東京外国為替市場の円相場は、午前10時時点で1ドル=102円23~24銭近辺と前日午後5時時点に比べ18銭の円安・ドル高。対ユーロでは1ユーロ=140円41~45銭と同1銭の円安・ユーロ高と横ばい圏で推移している。
 円相場は102円20銭前後の円安。財務省が20日発表した1月の貿易統計(速報)は、貿易収支が2兆7900億円の赤字となった。市場予想は2兆4870億円の赤字だった。この日の貿易収支に対する関心は高まっていたが、市場予想を上回る赤字となった。為替市場では、一時、102円40銭への円安が進んだが、その後は円買い戻しが流入した。この日発表されるHSBC中国製造業PMIも注目されている。
 ユーロは対ドルで1ユーロ=1.3736~37ドルと前日に比べ 0.0022ドルのユーロ安・ドル高で推移している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)