オリックスが続落、カーシェアリング料金据え置きで収益への影響を懸念

 オリックス<8591.T>が続落。きょう付の日本経済新聞で、「カーシェアリング大手の消費増税対応が分かれる」と報じられており、中で同社子会社で業界2位のオリックス自動車は料金を据え置くと報じられたことから、消費増税が収益の重荷になるとの警戒感が働いているようだ。なお、業界最大手のパーク24<4666.T>は4月から増税分の3%を転嫁すると報じられている。

オリックスの株価は11時2分現在1505円(▼63円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)