外為:一時、1ドル101円88銭へ円高進む、HSBC中国製造業PMIは予想下回る

 20日の東京外国為替市場で円相場は、午前11時時点で1ドル=101円95~96銭と前日午後5時時点に比べ10銭の円高・ドル安。午前10時50分過ぎに一時、101円88銭まで円高が進んだ。HSBCが20日発表した2月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)は48.3と市場予想(49.5)を下回り、リスクオフからの円買いが強まった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)