イオン九州が14年2月期業績予想を下方修正、競争激化で粗利が計画下回る

 イオン九州<2653.T>がこの日の取引終了後、14年2月期の単独業績見通しについて、売上高を従来予想の2530億円から2450億円(前期比2.9%減)へ、営業利益を同31億円から2億5000万円(同90.5%減)へ、純利益を同12億円から1億円(同85.5%減)へそれぞれ下方修正した。食品粗利益が業種業態を超えた価格競争で計画を下回る見通しであることに加えて、カジュアル衣料も競争激化から売上高・粗利益ともに計画を下回る見通しであることが要因としている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)