協和日成が14年3月期最終利益予想を上方修正、移転後の本社土地・建物の譲渡益計上で

 協和日成<1981.T>がこの日の取引終了後、14年3月期の連結業績見通しについて、売上高351億1500万円(前期比1.3%増)、営業利益9億500万円(同3.5%増)は従来予想を据え置きつつ、純利益を従来予想の5億7000万円から10億3000万円(同86.9%増)に上方修正した。現本社の老朽化に伴い新本社社屋への移転を予定していることから移転後の本社土地・建物の売却を予定しており、その固定資産譲渡益約7億2200万円を特別利益に計上することが要因としている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)