ドトル日レスが反発、コーヒー店好調で来期営業益90億円超との観測報道で

 ドトール・日レスホールディングス<3087.T>が反発。きょう付の日本経済新聞で、15年2月期の連結営業利益は90億円を超える見通しだと報じられたことを材料視。記事によると、80億円台とみられる今期見通し(会社予想は77億300万円)を上回るという。国内消費の回復でパンケーキなど食事も楽しめる高級コーヒー店「星乃珈琲店」の集客が好調なほか、コーヒー豆相場の下落も利益を押し上げるとしており、星乃珈琲店の今期末の店舗数は80店以上と前期末の倍に増やし、来期も30店以上の出店を計画すると報じている。

ドトル日レスの株価は9時1分現在1680円(△24円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)