◎欧米外為市場サマリー

 20日のニューヨーク外国為替市場の円相場は1ドル=102円27~28銭と前日に比べ5銭の円高・ドル安。対ユーロでは、1ユーロ=140円31~35銭と同20銭強の円高・ユーロ安だった。 
 この日発表された米1月消費者物価指数は0.1%上昇と市場予想(0.1%)と同水準だったが、2月フィラデルフィア連銀製造業景気指数はマイナス6.3と市場予想(プラス8.0)に比べ弱めの内容だった。一時、101円90銭台に円高が進んだ。ただ、金融情報会社マークイットが発表した2月の米製造業の購買担当者景気指数(PMI)速報値は前月から上昇したこともありNYダウは上昇。これを受け、円売り・ドル買いが優勢となり、結局、102円20銭台に値を戻して取引を終えた。
 ユーロは対ドルで1ユーロ=1.3719~18ドルと同0.0013ドルのユーロ安・ドル高だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)