ローツェが続急落、通期業績予想で営業利益11億2200万円に下方修正

 ローツェ<6323.T>は続急落。株価は前日比46円安の458円まで売られている。同社は20日、14年2月期通期の連結業績予想の修正を発表。売上高は従来予想の120億7600万円から141億4900万円(前期比51.2%増)へ上方修正したものの、営業利益は12億700万円から11億2200万円(同98.0%増)へ、最終利益は6億800万円から4億500万円(前期実績は1億4100万円の赤字)にそれぞれ下方修正し、これが嫌気されている。
 売上高は円安により海外売上高の為替換算金額が増加したことで増額されたが、営業利益は新規装置の開発・製造および販売の増加に加え、初めての中国への装置大量納入に伴うコスト増や為替相場の変動に伴う影響がマイナスに作用した。また、最終利益については法人税費用や少数株主持ち分利益が見込みを上回ったことも押し下げ要因となった。

ローツェの株価は9時32分現在469円(▼35円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)