ナノキャリア(4571)、典型的な弱気相場

テクニカルの壁が消滅すれば下放れ
典型的な弱気相場。現在、下げ渋っているのは、2/4の安値(190000円)付近に「テクニカルの壁」が存在しているから。この壁が消滅したときに、いよいよ下放れることになる。あまり時間は残されていないようだ。