TOTOが続落、シティ証は投資判断を「中立」から「売り」に引き下げ

 TOTO<5332.T>が続落している。シティグループ証券が20日付のリポートで、投資判断を「中立」から「売り」に引き下げたことが影響しているようだ。
 シティ証は、国内需要の失速や海外事業の投資増、特別利益のはく落や税率正常化などで、15年3月期は営業利益、純利益ともに前年比減益が予想されるとコメント。優れた製品競争力や実直な経営哲学への高評価は変わらないものの、15年3月期基準のPERは19倍弱と、翌期コンセンサス基準PERの過去3年間平均16倍強を上回るとしている。

TOTOの株価は11時8分現在1430円(▼31円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)