102円台で揉み合いが続く。海外勢はドル買いに反応しがちであり、アジアとNY時間で方向を変えた方が良さそうだ。

ドル円・クロス円は基本は押し目買いから小刻みに回転させる。上値狙いはNY市場で。
おはようございます。今朝は体感温度がとても低く昼間にシャーベット状に溶けた雪の上に付いたタイヤ跡が綺麗にワッフルのように固く凍ってました。道路の両側にはまだ30cmから多いところでは胸ぐらいの高さで雪が残っています。リリーは散歩の時に雪の上を歩きながら氷状の雪を食べたりしてご機嫌ですが寒くて今日は早めに切り上げました。
さて、昨日の午後10時58分に出ていたマークイット2月米製造業景気指数(PMI)速報値は56.7、2010年5月以来の高い数字で102.08レベルからドル買いに反応。102.35までやったあとに発表された米2月フィラデルフィア地区連銀業況指数は予想8.0に対し-6.3と驚きの数字で瞬間的にドル売りの反応となりましたが102.00近辺で反発しあっという間に102.10-15まで戻り何事も無かったかのように高値を102.43まで更新!朝方の102.41東京高値も越して102.27でNYは引けています。市場はドル買いの数字には反応度が高く、ドル売りとなるべき数字にはあまり反応しないか、しても短時間で反転する傾向となっているようでFOMCでの100億ドル一定のスピードでのテーパリング、一部の早期利上げ観測を背景としたドル買い圧力が強い事が判りました。しかし・・・・マークイットPMIなんて個人的には全く見ていなかった指標ですが、この信頼性も良く判らない数字でドル買いして、フィリーのドル売りは5分と持たずに切り返される動きは、既に答えありきの反応にしか思えないですねぇ。2月19日の高値101.47にはあと4銭届かずですが、ドルが底固くなる感じに見えます。今内容を見ていてフィリーの
6か月先の見通し指数40.2に改善、足元の悪化は悪天候要因とされて(今の米指標の悪化は全て悪天候という免罪符付き!?)いるようです。さて、今日の日経平均が昨日のように突発的なもので崩れなければ102.10以下101.85は固いとみていいのではないかと思っています。今日もよろしくお願い申し上げます。


ドル円 買い
ドル円は102.250、102.150で買いから。101.900にストップを置きますが102.750、102.850で利食いする回転を考えたい。正直102.50の上でロングを作る気持ちがありません。俄かブルとなって反落するのが嫌です。日経平均が下がらなければ102.25-15ゾーンですら買えないかもしれませんが、その時は買い目様子見しています。

レンジ 102.100(102.250)--(102.750)102.850 作成時 102.519-523 9:40AM


ユーロドル売りから
ユーロドルは1.37400、1.37500で売りから。ストップは1.37750に置きながら、1.36900以下、1.36750にかけて利食い場を探す方針。

レンジ 1.36700(1.36900)--(1.37400)1.37600 作成時 1.37171-178 9:49AM


ユーロ円 買いから
ユーロ円は140.320、140.220で買いから。ストップは140.030に置きながら、140.950、141.050で利食いするような回転をイメージしています。

レンジ 140.100(140.250)--(140.950)141.100 作成時 140.534-543 10:01AM