◎21日前場の主要ヘッドライン

・住友大阪が反発、発行済み2.34%の自社株消却を好感
・ローツェが続急落、通期業績予想で営業利益11億2200万円に下方修正
・ガンホーが反発、パズドラ今春に全面刷新との発表を好感
・マブチモーターが昨年来高値更新、三菱UFJMSは投資判断を引き上げ
・イオンFSが3日ぶり大幅反発、自社株買い発表を好感
・ジャスト急反騰、27日付で東証1部指定を好感
・協和日成が3日ぶり急反発、14年3月期最終利益予想を上方修正
・オークファンが一時ストップ高、「リアルワード」と業務・資本提携
・ディーエヌエーが反発、新ゲーム「バトルクエスト」配信開始を好感
・PS4関連が軒並み買われる、国内22日発売で期待高まる

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)