ニコンが後場上げ幅を拡大、微量の血液からがん判定する技術を開発と報じられる

 ニコン<7731.T>が後場上げ幅を拡大。午後2時過ぎの日経速報ニュースで、東京大学の一木隆範准教授や国立がん研究センターなど共同で、微量の血液を調べて30分でがんかどうかを判定する技術を開発したと報じられたことを材料視。記事によると、がん細胞から血液中にしみ出る微小な物質を手掛かりにするというもので、がんの初期段階でもわかり、早期発見にも役立つという。2~3年で研究機関向けに実用化し、10年以内には医療機器として発売を目指すとしていることから、収益化は先だが、がん診断の新たな手法として注目を集めそうだ。

ニコンの株価は14時42分現在1844円(△38円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)