ポーラオルHDが初の4000円乗せ、中期成長性と積極的な株主還元を評価

 ポーラ・オルビスホールディングス<4927.T>が高い。株価は一時、前日比195円高の4025円まで買われ2010年12月の上場以来、初となる4000円台に乗せた。中期成長性と配当による株主還元に対する期待が膨らんでいる。同社は13日に「2014~16年中期経営計画」を発表。2016年のROE(株主資本利益率)8%以上(13年度実績4.3%)と、株主還元では14年12月期からの連結配当性向50%以上(同41.5%)などを掲げた。
 この株主還元方針に基づき今期配当は前期比32円増の87円と大幅増配が見込まれていることなどが市場では高評価されている 

ポーラオルHDの株価は15時現在4005円(△170円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)