帝人のPC樹脂製パーティション窓をNYイエローキャブ新型車種が採用

 帝人<3401.T>は21日、同社のポリカーボネート(PC)樹脂「パンライト」製グレージングを使ったパーティション窓がニューヨーク市のタクシー(イエローキャブ)の新型車種となる日産自動車<7201.T>の「NV200ニューヨーク市タクシー」に搭載されたと発表した。今回採用されたPC樹脂グレージングは、世界初の三次元厚肉射出プレス技術と三次元両面フローコーティング技術を使い、これまでPC樹脂製のパーティション窓では実現不可能とされていた高い視認性とデザイン性を両立した。同社はPC樹脂グレージングを樹脂事業のコアビジネスとして確立、2019年度までに年間売上高100億円を目指す。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)