為替安定で目立った動きもない

安定した状況下での出来高減は懸念
N.Yは下落。ドル円は102円台半ばと安定を見せて来ています。2月18日の高値14009.24が見える位置での寄り付きになりそうですが、先物の寄り気配が14800あたりになりそうですので、まずは14750をつけにくるかどうかと見ておくところでしょう。懸念は14750辺りでの愚図つきとなりますが、当面、上は14900、下は14700辺りがターゲットとなって来ます。大きなブレは起こりにくいですが、ドル円103円向かいなど、為替の大きな動きには注意が必要です。出来高細れば下げも小さく、動きに乏しい一日となりそうで、短期売買においては、売り向うことなく買いの目線で見ていく事が肝要です。