ドル円、下値を固めるが、上値も重い!

マーケットコンディション
先週末のドル円は、102.27円で始まると、朝方102.26円の安値を付けた後、じりじりと102円半ばまで買われる展開となった。欧州時間に日経平均先物の下落により102円前半まで売り込まれるが、NY時間には買い先行となり2/17の高値102.73円を抜くと、102.83円の高値まで上昇。しかし、追随する買いはなく102円半ばまで下落し、102.53円でクローズをむかえた。
ドル円、下値を固めるが、上値も重い!
102円前後の安値は拾われる展開で推移しているが、上値は102円後半までで、103円台へ挑戦する程の力は感じられない。
日足ベースで、切上げ形の三角持ち合いを形成していると予測すると、そろそろ調整期間一杯といったところである。先週末の上値102.83円を挑戦するタイミングが103円越えのタイミングかもしれない。

☆戦略
買い方針継続
ポイントレベル
105.44(1/2の高値)
105.00
104.91(1/16の高値)
104.00
103.64(105.44-100.73の61.8%戻し)
103.08(105.44-100.73の50.0%戻し)
102.83(2/21の高値)
102.53(105.44-100.73の38.2%戻し)
102.20(96.94-105.44の38.2%戻し)
101.67(2/20の安値)
101.49(100.73-102.70の61.8%戻し)
101.38(2/17の安値)
101.00
100.73(2/4の安値)
100.61(97.62-105.44の61.8%戻し)
100.00

注)本日の予想は2月24日9:20に寄稿したものです。
また、上記レートは弊社外貨exの提示したレートを参考にしたもので、
実際の取引可能なレートとは異なる場合があります。