千代化が軟調、岡三証券が「強気」から「中立」

 千代田化工建設<6366.T>が反落。岡三証券が21日付でレーティングを「強気」から「中立」に引き下げている。当初想定よりも各プロジェクト工事が端境期に入ることを指摘、今14年3月期通期予想を連結営業利益で会社側計画の240億円(前期実績251億1300万円)に対して同証券では当初予想の270億円から260億円へ、来期予想を330億円から275億円に引き下げている。

千代化の株価は9時30分現在1519円(▼17円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)