中部電力は堅調、シティ証は投資判断を「買い」に引き上げ

 中部電力<9502.T>が堅調。シティグループ証券は21日付のリポートで投資判断を従来の「中立」から「買い」へ引き上げた。なお、目標株価については1500円を据え置いている。
 リポートでは「同社は無配を昨年9月に公表、その後の原発再開の遅れや各社赤字決算によるセクターセンチメントの悪化も背景に、株価は下落した。しかし、昨年10月に申請した電気料金値上げについて各種報道によれば、5月に実施される見込み。当証券では5.5%値上げできるとみる。この値上げにより、15年3月期の黒字転換確度が高く、0.7倍以下のPBRが割安に映ること(他社平均は1倍超)などが理由。15年3月期下期の復配を予想する。東北電力<9506.T>同様、原発再稼働以外のカタリストが期待できる」としている。

中部電力の株価は10時5分現在1275円(△30円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)