損保大手が安い、記録的大雪で保険金支払額過去最大規模と報じられる

 東京海上ホールディングス<8766.T>、NKSJホールディングス <8630.T>、MS&ADインシュアランスグループホールディングス<8725.T>の損保大手が安い。22日の日本経済新聞が「今月の記録的な大雪による保険金の支払額が大手損害保険3グループ合計で、600億円規模に上ることが分かった」と報じたことを受け、買いが手控えられている。関東甲信を中心に家屋の損傷が相次ぎ、支払額は過去最大規模に膨らむと伝えており、収益への影響が懸念されている。

東京海上HDの株価は11時17分現在3111円(▼34円)
NKSJHDの株価は11時17分現在2685円(▼41円)
MS&ADの株価は11時17分現在2498円(▼40円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)