アイルが続伸、会計システムに商品別の消費税率を設定できる機能を追加

 アイル<3854.T>が続伸。きょう付の日経産業新聞で、企業向け会計システム「アラジンオフィス」に、企業が商品ごとに税率を設定できる新しい機能を追加すると報じられたことを材料視。記事によると、消費税の制度変更があっても追加のシステム改修費用が発生しないため、主に中堅・中小企業などに売り込んでいくとしている。消費税率の8%から10%への引き上げに際しては、生活必需品の消費税率を低く抑える軽減税率導入が検討されているだけに、需要増への期待が高いようだ。

アイルの株価は11時30分現在2519円(△64円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)