<後場の注目銘柄>=加藤製、中国需要の堅調が寄与

 加藤製作所<6390.T>の14年3月期第3四半期(4~12月)の連結業績は、売上高504億400万円(前年同期比37.7%増)、営業利益36億4400万円(同5.5倍)と好調な内容。さらに、14年3月期の営業利益は43億円(前期比2.1倍)を予想している。第3四半期累計の通期予想に対する営業利益の進捗率は85%に達している。

 国内の建設用クレーンが復興需要や買い替え需要、消費税増税前の駆け込み需要で大幅増収になったほか、中国での油圧ショベルが堅調で売り上げおよび利益に大きく貢献している。

 株価は、4日に530円で底打ちし反発に転じている。5日・75日移動平均線はゴールデンクロスを示現してきた。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)