伊藤ハムが反落、SMBC日興証券は「1」継続、目標株価は560円に引き下げ

 伊藤ハム<2284.T>が反落。SMBC日興証券では21日付で、投資判断「1」を継続、目標株価は600円から560円に引き下げている。同証券では、利益予想を下方修正、あわせて目標株価を引き下げている。一方で、食品株に対する相対リターンがプラスマイナス10%を超えると予想することから、投資判断「1」は継続。食品市況改善傾向のなか、同業大手の日本ハム<2282.T>のPBR1.07倍に対し、同社のPBRは0.83倍と出遅れ感が強いとしている。同証券では連結営業利益について、14年3月期50億円(前期比11.6%減、従来66億円、会社側計画は50億円)、15年3月期80億円(従来87億円)、16年3月期82億円(同90億円)と予想。14年3月期の課題として、コア製品の収益性改善を挙げている。

伊藤ハムの株価は14時31分現在437円(▼6円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)