日成ビルドが特別損失の発生と法人税の減少を発表

 日成ビルド工業<1916.T>はこの日、大引け後に今14年3月期業績で、連結で減損損失約5億3000万円、単体で債務保証損失引当金などの特別損失を約6億円を計上する見込みであることを発表した。子会社の小澤建設が保有する不動産(産業廃棄物処理用建造物)について、今期に譲渡などを行う予定だったが、譲渡相手先で許認可の手続きなどに時間を要することが判明したため。一方、過年度において撤退した事業の償却済債権処理に伴い、法人税、住民税及び事業税が約8億9000万円減少する見込みとなったことも発表している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)