今夜の注目材料は?=外為どっとコム総研 石川久美子

今夜の注目材料は?=外為どっとコム総研 石川久美子
東京市場のドル/円相場は序盤は堅調だった日経平均が軟化するに連れてジリジリと下値を切り下げ、102.10円台まで値を下げました。その後、日経平均は下げ幅を縮めたのですが、ドル/円の戻りは弱めです。この後の展開について、予定されている経済イベントから考えてみましょう。

2/24(月)
18:00☆(独) 2月IFO景況指数
19:00 (ユーロ圏) 1月消費者物価指数・改定値
※☆は特に注目の材料

独2月IFO景況指数は重要指標ですが、これ以外には何のイベントもない寂しい夜になります。為替は株価をよすがに方向感を模索する展開となるでしょう。

とはいえ、今週は明日以降、主要イベントが続く形になるので、今日のところは手控えムードが強く、動いても値幅は限られそうです。