松竹は演劇事業盛況で営業、経常増額も特損発生で純利益を大幅減額

 松竹<9601.T>は24日取引終了後に特別損失の計上と今14年2月期の業績予想の修正を発表した。特損は不動産売却損14億8200万円を今2月期通期に減損損失として計上する。通期業績予想は前回の連結売上高911億円を901億7000万円(前期比14.7%増)、営業利益71億6000万円を78億円(同2.5倍)、純利益33億1000万円を16億円(同59.8%増)へ修正。売上高は計画を若干下回るが、歌舞伎を中心とした演劇事業が盛況で、営業、経常利益は予想を上振れる。ただ、最終段階は前述の不動産売却損に劇場閉鎖損失引当金繰入額、社債償還損を加えた特別損失30億1700万円を計上するため、計画を大きく下回る。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)