ドル円はレンジ取引継続・・・・・

今週はユーロの動向が主役か?
 ドル円は、米国指標の弱さ、新興国情勢や中国株の動向等、様々な影響を受けており、日経平均株価とともに、上下動を繰り返す、激しい揉み合いに終始しています。

 今週は月末週ですから、明日以降、重要な米国指標の発表も続きます。しかし、仮に弱い数字が出ても、悪天候の影響と見なされると、相場への影響は限定的となり、ドル円には、明確なトレンドは出難いものと思われます。

 一方、欧州に目を向けると、今日はドイツで2月IFO景況指数の発表が予定され、28日にはユーロ圏の2月CPI速報値の発表が予定されています。特に、後者が予想を下回る弱い数字となると、来週のECB政策理事会での金融緩和観測が強まり、ユーロが下落する可能性があります。そうなると、ユーロ円が下値を探る展開となり、ドル円も連れ安となるかもしれません。

 今日は、前述のIFO景況指数が注目されます。この数字発表後には、ユーロが大きく反応する可能性は高いのですが、相場の流れが一巡すると、他には余り材料もない為、その後は、株価動向等を睨んでの神経質な展開となりそうです。矢張り、ドル円に関しては、米国株睨み、ユーロ睨みの状況が継続し、102円台でのレンジ取引継続と考えるしかなさそうです。