リニカルが14年3月期業績予想を下方修正、受託見込み案件の開始時期ずれ込み響く

 リニカル<2183.T>がこの日の取引終了後、14年3月期の連結業績見通しについて、売上高を従来予想の40億3100万円から37億300万円(前期比2.9%増)へ、営業利益を同11億5100万円から6億9600万円(同30.6%減)へ、純利益を同6億8700万円から4億1600万円(同32.5%減)へそれぞれ下方修正した。受託見込み案件の開始時期が想定よりも後ろ倒しになった一方、受託計画に従って人員を採用したことから、人件費などは計画通り増加したことが要因としている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)