パソコン活況 Wの駆け込み・・・関連銘柄をご紹介

日経新聞半歩先読み
パソコン活況 Wの駆け込み 日本経済新聞 総合2 3面

消費税増税前の駆け込みとウィンドウズXPのサポート終了を控えた買い替えという2つの特需でパソコンの売上が好調です。1月のパソコン出荷台数は前年同月比63.8%増の106万台と大きく伸びたようです。パソコン販売が好調だと、パソコン周辺機器もついでに買う需要が増えるので、今回はパソコン周辺機器メーカーをご紹介しましょう。

(6750) エレコム (東証1部)  1,550円 前日比  +43 (+2.85%) [売買単位:100株]
マウス、キーボードなどに強いパソコン周辺機器大手 
昨日新高値更新 スマホ向けにも強みを持っています。

(6916) アイ・オー・データ機器 (東証JQスタンダード) 728円 前日比  +1 (+0.13%) [売買単位:100株]
メモリーボード、液晶ディスプレイなどパソコン周辺機器大手、
1月27日の業績上方修正の後の急騰から、反落しましたが、今は落ち着いたところです。そろそろ、再度動きだしそうなチャートになっています。

今日も皆様に相場の福が授かりますように!!

※本サイトで紹介する意見や予測は、筆者個人のものであり、所属する証券会社の意見や予測を表わすものではありません。また、紹介する個別銘柄の売買を勧誘・推奨するものではありません。投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。