ダイハツが堅調、為替の円安と原価低減への取り組み評価

 ダイハツ工業<7262.T>が堅調。外国為替市場で1ドル=102円台半ばとやや円安に傾いていることや、前日の米国株市場が堅調だったことから外国人投資家の買い戻しがきいている。また、25日付の日本経済新聞で同社が九州の子会社が独自に調達する部品の比率を現在の1割から4割に引き上げることで合理化を図り、3年後をメドに製造原価を3割引き下げると報じていることも、株価を支援している。

ダイハツの株価は9時11分現在1641円(△9円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)