千代化はしっかり、インドネシアで洋上ガス処理設備を受注

 千代田化工建設<6366.T>がしっかり。同社のグループ会社である千代田インターナショナルインドネシア社は24日、Eni Muara Bakau社が計画している洋上ガス処理設備(FPU)建設プロジェクトの設計、機材調達、建設工事、据付(EPCI)と、試運転助勢業務を受注したと発表した。
 なお、サイペムインドネシア社をリーダーとする4社共同事業体(コンソーシアム)を形成している。コンソーシアム全体での契約金額は約1100億円。
 契約に基づき、日量450百万立方フィート(LNG換算で年産約300万トン)のガスとコンデンセート(LPG)の洋上ガス処理プラントにかかわるEPCI業務(納期34カ月)と試運転助勢業務を行っていく。

千代化の株価は9時31分現在1549円(△24円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)