住友重は底堅い、SMBC日興証は投資判断を「2」に引き下げ

 住友重機械工業<6302.T>が底堅い。SMBC日興証券は24日付リポートで投資判断を従来の「1」から「2」へ、目標株価を510円から500円へそれぞれ引き下げた。
 リポートでは「当証券は14年3月期営業利益予想が335億円から327億円へ、15年3月期は362億円から384億円とした。15年3月期は、建設機械事業では日本の需要減を織り込み減益としているが造船事業、環境プラント事業の受注回復に伴う増益寄与が大きく、全体として2ケタ増益が可能と考えている。だが、年初来対TOPIX機械セクターを約8%強アウトパフォームしており、相対的な割安感が小さくなった」としている。

住友重の株価は10時14分現在470円(△2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)