ディー・ディー・エス(3782)、長い上ひげを突破

軸上向きの典型的な形
昨日は長い上ひげが出現したが、それを容易に突破してきている。直近のリバウンド過程においては、上方の3つの窓を連チャンで埋める動き。「軸上向き」の典型的な動きであり、それが今、具現化している格好だ。上方に目指すべき窓は存在しないが、出来高を伴った長い上ひげなど、明確な売りシグナルが出るまでは順調に上昇するだろう。