東福粉が急伸、グループ再編に伴い単独純利益予想を上方修正

 東福製粉<2006.T>が急伸、前日比18円高の133円まで上げ幅を広げた。前日取引終了後に今14年9月期の第2四半期(10~3月)と通期の単独純利益予想を上方修正。通期について売上高、経常利益は前回予想を据え置いたが、純利益を前回の300万円から5900万円(前期比5.9倍)に引き上げた。2月1日付で全額出資子会社の大江商店が孫会社の興英商事を吸収合併、合併の会計処理で企業結合会計基準が適用され、個別決算に貸倒引当金戻入額5600万円を特別利益として計上するため。ただ、連結ベースは法人税等調整額を計上するが、貸倒引当金戻入額と同額の貸倒引当金を計上していたため影響は軽微としている。

東福粉の株価は11時7分現在121円(△6円)